歯科助手という仕事について

歯科助手という仕事は主に先生が行う治療のアシスタントを行います。この仕事に就くうえで特別に資格が必要というわけではありませんが、仕事内容を具体的に挙げると治療に使用する器具や基本セットの準備をしたり、先生が歯を削っている間にバキュームで唾液や水を吸ったり、被せものを接着する際のセメントを練ったりします。あくまでも助手という立場なので歯科治療そのものに携わるようなことはないのですが、先生が治療を円滑かつ快適に行えるように何を必要としているのか先読みをして行動をしたり、患者さまに対しての親切な対応が求められると思います。

助手の仕事はサポート中心

歯科助手の仕事内容は、簡単にいうと医師のサポートをする仕事です。治療に使う器具の準備や、洗浄・ライトで口内を照らす・バキュームで唾液を吸い取るなどさまざまです。医師が次何をするかを考えて準備していきます。また歯科助手は銀歯を作る際の模型となる型へ石膏をついだり、セメントの練和などもしなければなりません。セメントの練和は水とセメントで作るのですが、配合量を間違えないようほど良い硬さにしなければなりません。病院によっては、受付業務や電話対応もしなければならないこともあり立ちっぱなしが多く結構ハードな仕事になります。

歯科助手の仕事の情報

© Copyright 歯科助手の仕事について. All rights reserved.