歯科をより身近にしたい

虫歯の無い時でも歯科を活用し、健康な歯を生涯にわたって残すことが大切です。歯は体の中に栄養を取り込むために重要な役割を果たす最初の器官です。食物を消化しやすい形に砕いて細かくする為に歯は大切な働きをします。虫歯になるとこれらの働きが十分に出来ず、胃や腸に影響を及ぼし、健康を害するかもしれません。そこで、一般的に半年に一回の歯科受診で歯垢や歯石の除去、フッ素の塗布などのメンテナンスを行うことが望ましいです。それにより、虫歯になりにくくなり、虫歯の早期発見早期治療が可能となります。

まずは歯科に行く事から始めよう

そうはいっても、歯を削る独特な音や歯を削った時に神経に響く感覚や麻酔後の痛みなど、マイナスイメージの多い歯科に足を向けるのは勇気のいることかもしれません。しかし、かかりつけの先生を見つけて気軽に相談できる医院を見つけることは自分の健康にも寄与しますし、毎日の食事を美味しく食べるためにも重要なことです。自分に合った所を見つけるのは大変かもしれませんが、まずはとにかく自分の歯をしっかりと診察してもらい、相談する為に歯科に行くことを始めてみてほしいと思います。そこが歯の健康の第一歩となるはずです。

歯科助手の仕事の情報

© Copyright 歯科助手の仕事について. All rights reserved.