歯科で使用される接着剤

歯科で虫歯を治す際に接着剤を使うことがあります。治療では、虫歯になった部分をまず最小限に削り取ります。そのあと、歯の表面にごく弱い酸を使って微細な隙間をつくります。そこに接着剤とコンポットレジンと呼ばれる詰め物を歯に詰め、光を照射すると硬化し、歯に定着することができます。この方法では、歯に金属の不自然な器具を入れることなく、歯と同じ自然な色のままで治療することが可能になった上、型を取る必要がなく1回で歯科の治療が終わるというメリットもあります。また、この方法では治療後約10年以上も直した部分がきれいに保つことが可能です。

歯医者で使用する接着剤について

歯科の治療では、虫歯になった部分をまず最小限に削り取ります。そのあと、歯の表面にごく弱い酸を使って微細な隙間をつくります。そこに接着剤とコンポットレジンと呼ばれる詰め物を歯に詰め、光を照射すると硬化し、歯に定着することができます。歯科で虫歯を治す際に接着剤を使うことがあります。この方法では、歯に金属の不自然な器具を入れることなく、歯と同じ自然な色のままで治療することが可能になった上、型を取る必要がなく1回で治療が終わるというメリットもあります。また、この方法では治療後約10年以上も直した部分がきれいに保つことが可能です。

歯科助手の仕事の情報

© Copyright 歯科助手の仕事について. All rights reserved.