歯科治療の材料と用途

歯科治療では、歯に詰め物をしたり、被せものをしたり、意外に異物が入ることが多い。いったいどんな物が使われているのか知りたいと思った人もいると思います。今回は治療で使われる材料のひとつ即重レジンについて説明します。即重レジンとは歯科で仮歯を製作するときや義歯の修理に使われる常温で硬化する液材のことで、速乾性がありながら硬さが適度であるため、噛み合わせなどの高さを調節したりなどの作業に向いています。また歯の色にも似ているため、自然な仕上がりになります。耐久性もあり、歯だけでなく金属との接着ができるので様々な治療に使用されています。

歯医者の即重レジンについて

歯科では主に仮歯を作るときに即重レジンをつかいます。治療中見た目が悪くないように仮歯を作ったり、神経のある歯はしみないようにするために作ります。他にも、隣の歯や噛み合うは歯が動かないように防いだり、顎の状態を安定させる役割もあります。粉末を液体をまぜると熱くなり、その後固まります。その場で作ることができ、調子が悪ければ簡単に調整することができます。最終的なかぶせもののイメージにもなります。あくまでも一時的なものですので長期間には向きません。他にも、歯科では入れ歯の修理にも即重レジンを使用したりします。

歯科助手の仕事の情報

© Copyright 歯科助手の仕事について. All rights reserved.