舌側矯正のメリット・デメリット

舌側矯正とは裏側矯正とも呼ばれるもので、矯正器具を歯の裏側に装着することで矯正が分かりにくくなる矯正方法です。目立たない為、営業職や接客業などの仕事をしている人でも周囲の目を気にする事なく矯正出来るのです。歯の裏側は表側よりも酸に強いため通常の矯正よりも虫歯になるリスクが少ないのがメリットですが、歯の裏側に矯正器具を付けるため違和感が強くなるのがデメリットです。技術的にも難しく、治療期間が長くなるという傾向がある為、舌側矯正を考えた場合は、実績のある病院で治療を受けることが重要です。

自然な形で舌側矯正が出来ます

気なる歯並びを舌側矯正という形で矯正する事が可能です。矯正装置は違和感もなく裏側に付ける事で、周りの目も気にすることなくも自然な形で矯正する事が出来ます。虫歯も、矯正中でも歯の表面を傷付けることなく治療が可能な為、好評です。また、治療期間が表の矯正と変わらず、治療が終了することもあります。患者様に安心して治療が出来るような対応がされます。素敵な歯で、患者様の笑顔が取り戻せます。笑顔あふれる綺麗な歯を一緒に取り戻せます。舌側矯正は、明日への活力に繋がります。

歯科助手の仕事の情報

© Copyright 歯科助手の仕事について. All rights reserved.